top of page
  • 執筆者の写真チョークアート アトリエShinmasu

クローン病治療でこれは辛かったなと思ったこと!

クローンの方達はほとんどが経験したであろう

「絶食」

1週間から長いと1カ月くらい

絶食だったりしますよね。


で、点滴で栄養をいれたりするんだけど、

カロリー点滴だと、腕からいれるのが無理らしく

(入っていかないらしい)

鎖骨下からの点滴じゃないとダメらしい(-_-;)


鎖骨下静脈にカテーテルをいれるんだけど、

考えただけでも、痛そうじゃない!?


そしたら、


「4~5針縫うから、局部麻酔するからね~」と。


(@_@。絶対痛いやつじゃん…


超緊張しまくりで、

直前にはかった血圧が200!!


痛いのはほんと苦手なんです( ノД`)シクシク…



局部麻酔の注射も痛いし、

やっぱりカテーテル入れる時も痛いし

(麻酔効いてたのかな?)

縫う時もチクチクして怖いし痛い。


「あと2か所縫うから、局部麻酔2本打つね~」

と、それも痛~い!!!!


ひたすら、耐えて耐えての30分でした(-_-;)


それから2日間は縫ったところが痛くて、

動くのが嫌でした。



それでも!

3日目からはほとんど痛みもなくなって、

めっちゃ楽に!


血液検査するときも、注射せずに、

点滴のところからとってくれるし、


1週間に1度差し替えしなくていいし、

両腕は何も気にせず使えるし、

長期にわたる入院だとこれは絶対に楽です!


私、血管見えないタイプで絶対に1回じゃ

点滴ささらないので、

いつも痛い思いするよりかは

やって良かったな~と今は思います。


ただ、造影剤検査をする時は、

このカテーテルだと造影剤はダメみたいなので、

その検査の時は腕に刺されますけどね(^^;)

(やはり刺さらず2回は刺す)



これもはじめての体験でした!

カロリー点滴してからは、

体重の減少が止まったから、

ちょっと安心(^^)


長く絶食しそうな時には

やらないといけないものかも

しれないけど、


できるならやりたくないよね、やっぱり。


閲覧数:13回0件のコメント

Comments


bottom of page