top of page
  • 執筆者の写真チョークアート アトリエShinmasu

クローン病疑いで入院中…検査、検査、検査

更新日:2023年5月21日

こんにちは!

久しぶりのブログなのに、

チョークアートとは全く関係のない

内容で申し訳ない…


実は、去年の4月から入退院を繰り返してて、

5月2日からまた、

本格的に入院したので、

記録的なものも含めて

ブログに残したいと思います。



とりあえず、今の状況。

5月11日に弘前の大学病院へ

転院してから9日目。

すぐに手術かと思いきや、

検査ばっかり…


血液検査、心電図、レントゲン、

小腸X線検査(ゾンデ法)、MRI


MRIの検査結果をみて、

炎症を治す内服治療にするのか

手術にするのかを

決めるらしい。


19日(金)にMRIをしたんだけど、

結果は来週お伝えしますと

言われてしまいました。


…早く結果を聞いて、今後の流れを知りたい。


先の見えない入院がやっぱりツライ。



転院する前からずっとクローン病を

疑われているけど、

なかなか診断をつけられないのは、

今までにみたことのない病状だかららしい。


それで大学病院へ来たのだけど、

思ったより進みが遅くてモヤモヤします(>_<)



小腸の検査って、嫌な検査ばっかりだよね。

ゾンデ法もやっぱり辛かったし、

下剤飲んだり、造影剤いれたり。


どんな検査で何が辛かったのかなど、

誰かの参考になるかもと思ったので、

また詳しく載せたいと思います!



クローン病は、10代から20代に

発症の多い難病です。

ここ数年でクローン病と診断される方は

かなり増えてきています。

何でなんだろ…。

完治する方法はまだ見つかってない

みたいですが、

以前に比べると、使用できる薬が増えたり、

色々な治療方法がでてきているようです。


もし、クローン病だったとしても

あまり悲観的にならずに、

ありのままを受け入れていきたいと

思います!!!





閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page